RS−ケーブル交換
RS−ケーブルはコントローラーとハンドルに取り付けてある表示器、両サイドのブレーキセンサーを
接続しているケーブルです。
このケーブルが断線しますと、アシストしませんので交換が必要になります。
交換部品は有償で広島工場に要求してください。
(必要な工具)
   トルクスレンチ穴ありタイプ 25H
(手順1)
   ハンドル下のカプラーからブレーキセンサー、表示器、ブレーキセンサーの順に
   真上に引き抜きます。(抜け防止対策していますので強く引っ張って抜いてください)
(手順2)
   電動アシスト自転車の下にあるコントロールボックスのボルトをトルクスレンチ穴ありタイプ
   で反時計まわりに回してカバー(ふた)外します(3本または4本)
   ハンドルからコントロールボックスに入っているRS−ケーブルをたどってカプラーを探します。
   カプラーの両サイドを持って水平に引き抜き,コントローラーからハズします。