2015.3.11  デジタル化何故しない

 キョウワサイクルはなぜデジタル化しないのですか?よく質問されます。
 キョウワサイクルの表示器はアナログで、ランプの点滅によりバッテリーの残量表示、モードの状況 ,障害箇所の表示を行っています。
 液晶表示でスピードや走行距離表示の出るものもたくさんありますが私どもは下記のように考え
 今後も変更はしないつもりです。

  1.電源のバッテリー使用を最小にする。
  2.夜の走行中でもランプの明かりで状況がわかる
  3、ITの進化が早く、i−phone等の携帯が格段のサービスを提供される
    
ことによります。
あと衛星2個打ち上げますとGPSの誤差が45センチぐらいとなるそうです。1歩の誤差です
通信はほとんど、どこでも可能となりつつあります。
クラウドサービスは安くて、個人でも簡単に利用できる環境にあります。
必要なのは組み合わせて作るソフトだけです。

いつ、どこを出発して、何キロ走り、平均時速は何キロで、脈拍はどのように変動し、
呼吸回数は、消費カロリーは等記録して、時折取る写真や音声も記録、
個人の旅を思いださせるには十分なサービスが出てくると思います。

自転車だけでなく旅行でも活用できるサービス、まさに個人の生きた軌跡ではないでしょうか

そう遠くないうちに実現できると思っています。
デジタル化の先はお任せしたほうが良いと判断しています。