2014.3.8  都市集中化とふるさと

 都市集中化は1963年から始まったと言われています。
すでに2世代、3世代が都市での暮らし、田舎がなくなった人が多くなったものと思います。
故郷を知らない人々が高齢化し始めています。
時間があるのですから、外に出て自分の思いで、故郷つくりをしてみたらいかがでしょうか。
道の駅 昨年末で1030ケ所以上。集落の外側に立地している場合が多く、無料の駐車場と
ホテル並みの無料トイレ付です。
食べ物も十分あるところが多く、食べるものには困りません。
そこで提案です。車に自転車を積み込んで気に入った所の道の駅に行き、
そこで地場の食材で腹ごしらえ、それから自転車で、気の向くまま
東西南北、春夏秋冬、回数を重ねることにより、地域の情報もわかり始め、親しみがわいてくると
思います。
知れば知る程愛着がわいてくるものです
自分たちの行きやすい場所、ほっとできる場所でもあります
人生にこんな場所が作れたら素敵だとは思いませんか。
なお キョウワサイクルの電動アシスト自転車は前輪を全てクイックリリースにしていきます。
積み込みやすくするためで、折りたたみ自転車やミニべろタイプも変更しています。
又、モーターを後輪に配置することで電気系のトラブルや電池切れの場合でも普通の6段変速機付
自転車とほぼ同等の走りができ、万一の場合でも安心してお乗りいただける工夫をしています。